3万人が集った癒しの展示会

スピリチュアリティーなプチ体験で、自分に必要なものが見えてくる? 

[拡大写真]

スピリチュアリティーなプチ体験で、自分に必要なものが見えてくる? 
 「日本最大級の癒しの祭典」と銘打つ催しが7月28日(土)・29日(日)、東京・有明の東京ビッグサイトで行われた。第4回目を数えた『癒しフェア』には、オーガニックな食品、化粧品、食料品といった“物”から、ヒーリングやセラピー、前世占いなどのスピリチュアルなものまで、癒し関連の様々な商品・サービスが大集合。癒されたい人、癒しを知りたい人、癒しでビジネスをする人たちが2日間で約3万人来場した。

 テレビ番組の影響か、「スピリチュアル・カウンセリング」「前世占い」を行うブースは、軒並み順番待ちの列ができる賑わいだった。

 30代の会社員女性は「うさんくさいと思う反面、興味もあった。お試し感覚で値段も手頃だったから」と、3000円で自分のオーラを映す「オーラ撮影(写真)」を試した。

 オーラを映す(写す)!?出展者のHASPY NC. JAPANの岡田結記恵さんに聞くと、アメリカで開発されたオーラビデオステーションという機器を使って行うもので、実態はかなり科学的。左手の手のひらをセンサーに当て、温度(体温)や生体自己制御(脳波、血圧、脈拍などの調整)の度合いなど測定し、独自のソフトウェアで解析し、視覚的に表示しているのだという。

 「心と身体のつながりは強力。感情や精神状態といった内面がオーラカラーとして映し出される。そうやって、今の自分を知ることが癒しになる」と岡田さん。

 手や腕にアロマオイルを塗り、ゆったりフラダンスを踊るようにマナ(気のようなエネルギー、パワー)を流す「カフナ・ロミ」を受けた女性は、「気持ちよかった」と満足げ。

 「ヒーリングは本来、瞑想だけでもできるものですが、ほとんどの人にとってはそれが難しい。だからサポートする道具として自然界のあらゆるものを使うんです」と話すのは、ヒーリングスペース ベルエールの元木恵理さん。会場にはクリスタルや花、色や香りなどを使って、「癒し」を与える不思議な手が、あちこちでうごめいていた。

 また、 “美のカリスマ”として人気のIKKOさんや占星術研究家の鏡リュウジさん、ダウンタウン・松本人志の実兄で、最近歌手デビューを果たしたばかりの松本隆博さんなど、様々な分野で活躍する“ヒーラー(癒し手)”を招いての講演会も多数行われた。

 次回は、2008年3月8日(土)、9日(日)に大阪で行われる予定。
 【公式ページ】http://www.a-advice.com/

関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事