中島美嘉、ツアーファイナルのサプライズ

 中島美嘉が7月30日、 東京・丸の内の東京国際フォーラムで全国ツアーの最終公演を行った。


2年ぶりの全国ツアーを無事終えた中島美嘉


 約5000人のファンを前にピンクのカツラ姿で登場した中島は、羽に覆われたロングドレスや真っ赤なワンピースといったステージ衣装でもファンを楽しませながら、映画『NANA』の主題歌となったロックナンバー「GLAMOROUS SKY」やバラードの名曲「雪の華」などを熱唱。

 アンコールにはピンクのミニスカート姿で応え、ドラマ『ライフ』(フジテレビ系)の主題歌にもなっている新曲「LIFE」などを披露した。

 今回のツアーで中島がMCで話題にしていたのが地球環境について。「WHAT A WONDERFUL WORLD」を心に沁みるように歌い、アンコールのラストを閉めていた。

 そして、サプライズはその後に待っていた。「全公演を支えてくれたスタッフのために1曲歌いたい。皆さんお付き合いください」と中島。スタッフに内緒でバンドメンバーと準備していた曲を披露すると、感極まって涙で喉を詰まらせた。


時には笑顔で、時には頭を激しく振りながら全23曲を熱唱した

 約2年ぶりとなった今回の全国ツアーは全国32会場、追加公演を含めて45公演のチケットはすべて即日完売。約11万人を動員する盛況ぶりだった。

 新曲「LIFE」は8月22日リリース。カップリングの「IT’S TOO LATE」は本人出演が話題のカネボウ化粧品『KATE』のテレビCMソング。


『ビリーズブートキャンプ』について観客とやり取りする場面も


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube