妖精美人に弱い、日本男児の美的感性!?

■ランキング表はこちら

 今年のミス・ユニバース世界大会の優勝者は森理世! 去年は知花くららが準優勝するなど、日本の美のレベルも世界トップレベルになったと断言できるだろう。では、世界を見渡して、「日本以外」で美人が多いと思われている国はどこだろうか? オリコンでアンケート調査を行い調べてみた。

 1位は【ロシア】。「寒いところで育った人はきれいだと思う」(福岡県/専門・大学生/女性)、「日照時間が少ないので色白が多い」(愛知県/40代/男性)など美の秘密は諸説あるが、多くの票を集めた秘密は「美人アスリートが多い」だ。テニスのマリア・シャラポワをはじめ、ゴルフのマリア・ベルチェノワ、フィギュアスケートのイリーナ・スルツカヤ、水泳のスタニスラワ・コマロワなどなど、枚挙にいとまがない。そして、彼女達はみな「妖精」と例えられているのも特徴だ。

 【韓国】は、「韓流ブームの時に、たくさん美人がいると思った」(東京都/20代社会人/女性)という、韓流ブームにハマった20代以上の世代の支持を受け、2位にランクイン。女性からは「体に良さそうなものを食べて、体の中からキレイにしていそう」(愛媛県/20代社会人/女性)、男性からは「日本人と同じ感じがする」(滋賀県/専門・大学生/男性)という意見が目立った。

 3位は、芸術とファッションの国【フランス】が登場。「芸術の国だから美意識が高そう」(東京都/専門・大学生/女性)、「シャネルなど有名なブランドもフランス生まれだから」(埼玉県/専門・大学生/女性)と、やはり、ファッション性をポイントに回答した人も目立った。

 4位は南米【ベネズエラ】で、「ミス・ユニバースでタイトルをたくさん取っている」(東京都/40代/男性)から。実際、国がモデル養成学校を設立している、女性の80%がモデル学校に通っている、という話もあるのだ。

 5位は「人種のるつぼだし、人口自体多い」(広島県/20代社会人/男性)という理由で【アメリカ】。ハリウッド女優やアーティストを例にあげた人も多かった。ちなみに、アメリカこそがミス・ユニバースのグランプリ最多獲得国なのだ。

(2007年7月19日〜7月23日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、中・高校生、専門・大学生、20代社会人、30代、40代の女性、各100人、合計500人にインターネット調査したもの)



関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube