結婚を漢字1文字でイメージすると、「絆」が1位

■調査結果はこちら

 9月から11月の秋は、ブライダルのトップシーズンといわれるほど、年間で婚礼組数が多くなる時期。オリコンで以前行った「結婚したいと思う月は?」というアンケートでも、「10月」が上位にランクインするなど人気だったが、そんな秋にぴったりの“結婚”に関するアンケート調査が、結婚・新生活情報サイト「結婚準備室」から発表。結婚をイメージする漢字の1位は「絆」だった。

 「結婚についてあなたのイメージを『漢字1文字』で表現してください」と、結婚に対してどのようなイメージを持っているのか聞いてみたところ、1位は【絆】(30%)だった。パートナーとの絆だけでなく、「結婚式で、新郎の母親が披露したフラダンスに新婦も途中参加し、新しい絆ができた」といったエピソードも寄せられ、新たな親子の絆を実感する人も。そして【縁】(22%)、【幸】(18%)と続いていくが、その他にも【共】、【道】、【進】、【歩】など“共に人生を歩んでいく”といった印象を持っている人が多いことがわかる。

 「結婚を迎える(迎えた)にあたって最も感謝の気持ちを伝えたい(伝えた)のは誰ですか?」という質問には76%の人が【両親】と回答。やはり今まで育ててくれたことなど【両親】に感謝したいことはつきない。日頃、思っていてもなかなか伝えるのは恥ずかしいという人でも、人生のひとつの区切りとして結婚を期に、伝えたいと思う人は多いよう。最近ではケーキカットを両親と一緒に行うなど両親への感謝を結婚式で伝えたい、というカップルが増えてきているという傾向もあるようだ。

 また、「結婚に対する悩み・不安は誰に相談しますか(相談しましたか)?」では1位【友人】(50%)、2位【両親】(26%)、3位【兄弟・姉妹】(15%)という結果に。気軽に相談できるということもあり【友人】がトップとなったが、【両親】に相談する人も多い。

 人生の一大イベントともいえる“結婚”。新しい家族、新しい生活がスタートするわけだが、そんな人生の節目に、あらためて両親に対して感謝の想いを伝えることができる、いい機会にもなっているようだ。

(結婚準備情報サイト「結婚準備室」の会員にアンケート調査。有効回答数396組)



関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube