“フランス婚”夏木マリ「私の人生には、愛が足りなかった」

■その他の写真はこちら

 一部スポーツ紙で交際、来春結婚が報じられた女優・夏木マリが19日(金)夕方、東京・丸の内で著書の発売イベントを開催。イベント前の会見でミュージシャン・斎藤ノブとの交際を認めたものの、入籍など“形”にはこだわっていないようで「(未入籍婚が多い)フランス婚と呼んでください」とコメント。「まだ、(結婚も)決めたわけじゃない」と“事実婚”になることを示した。

 この日は著書『夏木マリのABC』のイベントのため、当初は書店内で取材を受ける予定だったが、会場にはテレビカメラ7台、40人以上の報道陣が詰め掛けたこともあり急遽、ビル1階の広場で対応。  告白を「私からしました!」と明かした夏木は「プロポーズは、まだありません。お互い、励まし合っている。人生も折り返しているし、どうなるか分からない。結局、(私が)寂しかったんでしょうね」と素直な気持ちを告白。一時は結婚や子作りを諦めた時期もあったという彼女だったが「人を愛するというのは凄く幸せなこと。やっと、人を愛せる自分になりました」と笑顔で話し、最後には報道陣から「嬉しい誤算だった?」と聞かれると「そうですね! 子作り? 考えてみますね」と笑顔。今年、55歳になる“初婚”の大女優は「私の人生には、愛が足りなかった。パートナーがいて、好きなことができる人生をちゃんと送りたいですね」と締めた。

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube