宮崎あおいと高岡蒼甫がレッドカーペットで初競演!

コンペティション作品『ハブと拳骨』(c)大槻志穂 

[拡大写真]

コンペティション作品『ハブと拳骨』(c)大槻志穂 
■その他の写真はこちら

 女優の宮崎あおいと夫・高岡蒼甫が10月20日(土)に東京・六本木ヒルズけやき坂通りで開催された『第20回東京国際映画祭』に出席、公の場で初競演を果たした。それぞれ別の出演作(『クローズZERO』高岡/『ハブと挙骨』宮崎)のため、2ショットはおあずけとなったが、くしくもレッドカーペット上での競演となった。

 黒のジャケット姿の高岡は、学ラン姿のワルメンファッションモデルを引き連れて登場。一方、高岡と合わせたかのような黒のドレス姿を披露した宮崎は、大人の色気を感じさせ、この日集まった700人以上の報道陣と約7700人の観客を魅了した。

 レッドカーペットイベントには、長澤まさみ、新垣結衣、神木隆之介、所ジョージ、和田アキ子、広末涼子、宮沢りえ、中谷美紀、阿部寛、中井貴一ら豪華著名人317名が一堂に集った。またオープニング作品に選ばれた『ミッドナイトイーグル』出演者の大沢たかお、竹内結子、玉木宏、藤竜也がサービス精神溢れるウォーキングで最後を締めくくった。

 六本木、渋谷の各劇場で開催される『第20回東京国際映画祭』は28日(日)まで。

長澤まさみが胸元あらわに“ハタチ”の開会宣言!

著名人がお気に入りの作品をレコメンド⇒『映画・DVDナビ』はこちら
最新映画予告編

関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事