假屋崎省吾、初体験は高校生

假屋崎省吾 

[拡大写真]

假屋崎省吾 
■その他の写真はこちら

 台湾発のボーイズラブ映画『花蓮の夏』の特別試写が2日(金)に都内で行われ、華道家の假屋崎省吾、カリスマIT社長の如月音流(きさらぎ・ねる)が登場。假屋崎は初恋から初体験までを赤裸々に語った。

 爽やかで汚れのない男同士の友情と、胸の張り裂けそうな恋模様を描いた本作を観て、重なる部分があったという假屋崎は「中学生の時、野球部の同級生の男の子を好きになった。手料理を作ってあげたりしてたけど、気付いたら彼は彼女作っちゃったんです」と赤裸々に初恋を告白。

 高校時代には「隣の席の子に消しゴムを借りたら、一瞬で恋が芽生えた。初体験もその子です」という甘酸っぱい恋も経験し、現在は同棲中で「丸2年付き合ってる、17歳年下の彼に一途なんです。最近お墓も買って『ここで一緒に休もうね』と話してるんです」と幸せそうな表情で語っていた。

 映画『花蓮の夏』は11月10日(土)より公開。

関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事