OLさんいらっしゃい。大丸東京店、移転オープン

■店内の写真はこちら


写真を拡大する
20代30代の働く女性をターゲットに『TOKYOの粋』を提案


写真を拡大する
旅行者に人気の弁当惣菜売り場も広々とリニューアル


写真を拡大する
百貨店では珍しい、1階がスウィーツ売り場

 大丸東京店(東京都千代田区)が11月6日(火)、JR東京駅八重洲口に移転オープン。JRの利用客が弁当を買うなど、ちょっと立ち寄るだけの存在から脱却して、周辺で働く20代〜30代の女性客の来店を促し、ゆっくり滞在してショッピングや飲食を楽しめる百貨店を目指す。

 東京駅に直結した立地で、弁当などの食料品に強かった同店。その強みを生かして、飲食を充実させた。

 まず、1階を菓子売り場にした。百貨店では珍しい試み。日本初上陸のフランスの老舗ショコラトリー「ボワシエ」や新ショップ「レ・ミニャルディーズ」、フードマイスター・森幸四郎氏が手がける“どら焼き”の専門店などを含む、国内外の51ブランドが並ぶ。

 地下1階は、おなじみの惣菜、弁当、生鮮食品などの売り場だが、旧店よりもレイアウトをすっきりさせ、通路幅を広くした。

 3階から8階の各階と10階には、最も見晴らしの良い東南の角の同じ場所に、喫茶スペースを設けた。「くつろいで長い時間滞在できる店づくりで、客単価のアップにつなげたい」と東京店新店準備室部長の岡泰志さんは話す。

 12階と13階のレストランはそれぞれ、23時、24時まで営業時間を延長。12階にはフランス料理の『ブラッスリー ポール・ボキューズ』が、13階にはイタリアンと鉄板焼きとカフェ&バーを融合したサルヴァトーレ・クオモ氏プロデュースの『XEX TOKYO』が、百貨店初進出。

 そして、もう一つの狙いが働く女性客の誘致。八重洲、丸の内、大手町、日本橋と、相次ぐ再開発で周辺地域の就業人口が激増。旧店で弱かった20代〜30代の働く女性の利用を促すため、化粧品や婦人服、雑貨の販売にも力を注ぐ。

 2階は都内最大規模の化粧品売り場(詳細はこちら)。

 3階には靴やハンドバッグ、アクセサリー類が大集合。4階〜6階の婦人服は、旧来の“ヤング”や“キャリア”、“ミセス”といったライフステージではなく、ファッションテイストで選べる売り場構成にした。4階はエレガンススタイル、5階はキャリアワードローブ向きのニューベイシックスタイル、5階には、クリエイティブでモードな海外ブランドが揃うミックススタイル、といった具合。

 新しいストアイメージは「TOKYOの大人の粋」。関西出身で、名古屋発の松坂屋と“結婚”したJ・フロントリテイリングの大丸が、東京の百貨店激戦区で存在感を示すことができるか。働く女性たちの反応が楽しみだ。




シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube