大ブレイクIKKO、小沢代表と2ショットで「どんだけ〜」

小沢一郎・民主党代表と「どんだけ〜」で“合体”を果たしたIKKO 

[拡大写真]

小沢一郎・民主党代表と「どんだけ〜」で“合体”を果たしたIKKO 
■その他の写真はこちら

 美容家のIKKOが27日(火)、都内のホテルで行われた『第20回 DIMEトレンド大賞』のなかで話題の人物賞を受賞し、民主党の小沢一郎代表と「どんだけ〜」で、今まさにトレンドである「あなたと合体したい…」でお馴染みのパチンコ『フィーバー創聖のアクエリオン』のCMソングさながら、驚愕の“合体”を実現させた。また、同賞の特別選定委員でIKKOとも交流の深いコラムニスト・山田美保子氏がオリコンの単独取材に応じ、2007年に新たな“オネエブーム”を巻き起こした立役者について語った。

 公務のため、苦肉の“生電話出席”となった東国原・宮崎県知事と同じ『話題賞』を授与された小沢代表は「特別に賞を頂くようなことはやってなかったのになぁ」と苦笑い。それでも「伝統ある賞をもらって、喜んでいいと思いますよ」と珍しく笑顔をみせ、「“どんだけ〜”は聞いたことあるよ」とIKKOと、“どんだけ〜”の2ショットも披露した。

 そんな小沢氏に続いて、マイクロミニで美脚を披露しながら登場したIKKOは「私ごときが、こんな素晴らしい賞を頂いて・・・」と号泣。「訳が判らないまま“どんだけ〜”に支えられた1年。皆さんに感謝したい。流行語大賞? もらえるか判りませんが、頂けるなら欲しいです!」と意欲をみせた。

 写真撮影時、小沢氏に「センセイ、どんだけ〜」とノリノリのIKKOだったが、そんな彼について山田氏は「社会性がある方ですが、男性と女性の“共生”が上手くできている。これは、カレだけでなく今年選ばれたトレンド商品にも言えること。その集大成が『おネエ★MANS』(日本テレビ系)だったりするのかもしれませんね」と分析。まさに男女のみならず裏方で26年間仕事をした後、ようやく表舞台に立った“IKKO流”の人生が、今のトレンドにマッチした形となった。

芸能・音楽・お笑い・流行りもの全て見せます!2007年エンタメ総決算!!

関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube