ガッキー、初武道館で感無量

新垣結衣 

[拡大写真]

新垣結衣 
■その他の写真ニュースはこちら

 12月5日発売のアルバム『そら』で歌手デビューした女優の新垣結衣が、21日(金)に日本武道館で行われたイベント『heavenly Xmas in 日本武道館』に出演。このイベントは、TOKYO-FMサイト内での着うた購入者、CD購入者から抽選で1万人を招待したもので、イベント後半のライブでは、「みんなが手拍子してくれるから泣きそうになりました」と感無量の様子だった。

 イベントは新垣本人がレギュラーを担当している番組、TOKYO-FM『SCHOOL OF LOCK!』の公開収録から始まり、その中で新垣は、クリスマスについて聞かれると「クリスマスが一番好き。街が一番あったかい雰囲気になる気がするから」と笑顔で答えた。また、「去年は友達とホームパーティーで、おととしは一人でチキンを買って音楽番組を観ていたから、今日は楽しくなるといいな」とイベント開催の喜びを語った。

 イベント後半のライブでは、「こんな大勢の前で歌うのは初めてです。みなさんが、初めてのライブに来てくださったお客様です。ありがとう!」と話し、映画『恋空』の挿入歌としてお馴染みの「heavenly days」など、全3曲を歌い上げた。「2回くらい(声が)ひっくり返った。ごめん!」とあやまるも、客席からの声援に「みんなが手拍子してくれるから泣きそうになりました」と感無量。また、会場からは「かわいい!」「大好き!」の声が飛び交い、「私も同じくらいみんなが大好き!」と感謝の言葉を伝えた。

 また、イベント終了後に更新された24日付の自身のブログで、「来て下さった皆さん、笑い飛ばすクリスマスになりましたでしょうか??ずーっと不安でたまらなかったけど(始まってからもハラハラしてたけど)結果、凄く良い時間をすごせました。皆がおっきい声ではげましてくれたから安心できた。ありがとう(^^)」と、喜びの気持ちを綴っている。

 なお、この公開収録の模様は本日25日(火)22:00から、TOKYO-FM『SCHOOL OF ROCK』内でオンエアされる。

■特集・新垣結衣『世代を超えて大人気の“ガッキー”がCDデビュー』

■2007年はガッキーの年!新垣結衣のブレイクまでの足跡をたどる

関連写真

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube