2008 ミス日本グランプリは“家族想い”の鈴木恵理さん

■その他の写真はこちら

 過去に女優・藤原紀香らを輩出した『第40回 ミス日本グランプリ決定コンテスト』が28日(月)に都内で開催され、東京都出身の20歳、鈴木恵理さんが2008年度のグランプリに輝いた。鈴木さんは受賞の喜びを「両親と祖母に伝えたい。本当に支えてくれて、1番理解してくれた」と語り、感激の涙を見せた。

 2941名の応募の中から、見事ミス日本グランプリ輝いた鈴木さんは「夢を見ているみたい。どうして私が取ったのか分からない」とグランプリ受賞を信じられない様子。受賞の喜びを「両親と祖母に伝えたい。本当に支えてくれて・・・」とコメント。そして「喧嘩になった時もありました。ミス日本の候補生に選ばれて、プレッシャーで自分を見失ったときも『恵理は恵理らしく頑張りなさい』と言ってくれました。両親の胸の中で泣きたいですね」と家族に対する愛を語った。

 ミス日本の先輩である藤原紀香について「憧れの女性。女優業はもちろん、ボランティア活動に積極的にやっているところに憧れます」と目を輝かせた鈴木さんは、「世界から見ると日本は恵まれているけど、悲しい事件も多い。辛い日本を少しでも明るく出来るようにしたい」と紀香の後輩ならではの大きな目標を宣言。

 また、賞金の100万円の使い方を聞かれると「両親にプレゼントします」と答え、バレンタインにチョコをあげるお相手についても「父の誕生日なので、毎年父にあげています。今年も手作りチョコをあげたい」と改めて家族想いである一面をうかがわせた。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事