朝、起こしてほしい第1位に長澤まさみ、現実は携帯アラーム


Q.あなたが朝、起こしてもらいたい女性の有名人は誰ですか?最もそう思う方を1人だけお答えください。n=300


AXE WAKE-UP SERVICE

 男性の生活実態調査の一環として、全国の16〜29歳の男性300人(高校生・大学生・社会人)を対象に、男性の“朝”の実態をユニリーバ・ジャパンが、インターネット調査した。この調査によると、辛い朝は「女性に起こしてもらいたい」と思っている男性は約8割で、起こしてもらいたい女性有名人の名前には、【長澤まさみ】がもっとも多くあがった。

 また、第2位に新垣結衣、第3位に上戸彩がランクインしており、やはり“明るく爽やかなイメージの女性に起こしてもらいたい”というのが、決め手となったようだ。「女性に起こしてもらいたい」と回答した84%の男性は、実際には「朝はどのように起きていますか?」という質問に、携帯電話のアラームで起きる人が最も多く約5割を占め、目覚まし時計は3割で、世の若い男性たちの“朝の起き方”の理想と現実に大きなギャップがあるということがわかった。

 なお、調査をしたユニリーバ・ジャパンは、3月末日までの期間限定サービスとして、女性スタッフが実際に電話でモーニングコールをしてくれるキャンペーンを行う。また、新潟県・苗場スキー場周辺ホテル限定の宿泊客サービスとして、実際に女性スタッフが、フレグランス・ボディ・スプレーを吹きかけてくれる「出張目覚ましサービス“苗場スキー場”」キャンペーンも実施される。




「男性の“朝”の実態」調査概要
【調査対象と回収サンプル数】・16歳〜29歳の男性300人※属性は、上記人数のうち、高校生/大学生/社会人で均等(各100名)に設定【調査地域】全国【調査方法】インターネット調査(ネット調査会社の登録モニター活用)【調査期間】2007年12月20日(木)〜12月22日(土)【主な調査項目】・朝の起床に関する習慣・朝の起床時の気分・朝の起床時に望むこと他【調査実施】AXE(ユニリーバ・ジャパン)


“AXE WAKE-UP SERVICE”概要
【実施期間】2月5日〜3月31日
◆AWSのWEBサイト

目覚ましアプリ配信サービス概要
【実施期間】2月22日〜3月31日(受付時間:17時〜23時)
※対象0120-084-544(フリーダイヤル)にお電話頂いた方全員
【対応キャリア】NTT DoCoMo、SoftBank ※au、WILLCOMには対応していません

出張目覚ましサービス“苗場スキー場”
【実施日】2月23日〜24日、3月8日〜9日/21日〜23日
【実施宿泊施設】苗場プリンスホテル/ホテルふじや/ホワイトパレス


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事