本命チョコ、10代は「手作り」8割、30代は「市販」8割

■調査結果はこちら

 いよいよバレンタインデー。デパートや街でも様々なイベントが開催されているが、そんな盛り上がりをみせる「バレンタインデー」に関するアンケートをリサーチコミュニティ「infoQ」が実施。男女合わせて37,000人を超える回答が寄せられ、30代の女性では「本命チョコは市販」という意見が約8割だったのに対し、10代では逆に「本命チョコは手作り」という意見が約8割と、世代によってバレンタインチョコに関する意識が全く違う現状が浮かび上がった。

 女性に「バレンタインに何かしらのプレゼントは贈るか?」という質問をしたところ、87%の人が贈ると回答し、ほとんどの女性がプレゼントを用意しているよう。また本命チョコに関して、「手作り派」と「市販派」は年代によって大きく異なり、10代の女性の約8割が「手作り」のチョコを用意する一方で、30代の女性は約8割が「市販」と、年齢があがるにつれて「市販派」の割合も高くなっている。最近の高級チョコ人気も、「市販派」が増えている一つの要因なのかもしれない。

 一方、義理チョコを贈る予定の人は46%と半数以下。とはいえ友達同士でチョコレートを交換する“友チョコ”などが10代を中心に流行っていることもあり、10代の女性の3分の1が【11個以上】義理チョコを渡すと回答するなど、いまどきの10代のバレンタイン事情も垣間見えた。

 男性が昨年もらったチョコの平均は3.4個だったが、男性に「バレンタインに義理チョコをもらうと嬉しいか?」という質問をしたところ、男性全体では6割が【嬉しい】と回答。年代が下がるほど喜ぶ傾向があり、10代では8割が【嬉しい】と回答するなど、年に1回のバレンタインデーを楽しみにしている男性は多いようだ。

■調査概要
infoQ会員に調査したもの
有効回答数:37,628名(男性15,853名、女性21,775名)
調査日:2008年1月30日〜2月4日








関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube