フラれるなら“携帯メールで”、5人に1人

■調査結果はこちら

 今やライフラインとしてなくてはならない携帯電話だが、そんな携帯時代を反映する調査結果が発表された。携帯サイト『ヒトカラ』が、「恋人に別れを告げられるなら【直接会ってフラれたい】、【携帯メールでフラれたい】のどちらを選ぶか?」と質問したところ、全体の5人に1人(20.2%)が【携帯メールでフラれたい】と回答。携帯電話が重要なツールとなっている現代の恋愛事情がみえる結果となった。

 【携帯メールでフラれたい】と答えた人を世代別に見てみると10代が23.6%と最も多く、携帯世代ということもあり“別れ話”を携帯メールでされることに抵抗感はないようだ。なかでも10代の男性の場合は24.4%と、ほぼ4人に1人が【携帯メールでフラれたい】と答えている。直接フラれる衝撃を考えると「メールのほうがまだまし」ということなのだろうか?

 また「好きな人に告白するなら、【直接会って伝えたい】、【携帯メールで伝えたい】どちらを選ぶか?」という質問で【携帯メールで伝えたい】と回答した人を男女世代別で比較すると、10代女性が25.6%ともっとも多く、また、男女別で見ても男性20.0%に対して、女性20.4%と女性の方が男性を上回った。

 自分の気持ちを伝える方法として「携帯メール」を使う人が意外と多いことがわかった今回のアンケート。直接本人に面と向かっては言いづらいことも、メールでなら伝えやすいということがあるとは思うが、テキストだけでは誤解されやすいというリスクも背負っていることも忘れてはならない。“メール”でのコミュニケーション、扱いには注意したいものだ。

■調査概要
調査方法:インターネット調査(携帯電話による)
調査対象:携帯電話専用サイト『ヒトカラ』会員
調査日時:2008年1月17日〜1月31日
回答数:16,088人





関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube