2008年ミス・ユニバース日本代表は21歳の美馬寛子さん

■その他の写真はこちら

 昨年、森理世が世界一に輝き話題を集めたミス・ユニバース。その2008年度日本代表を選出するファイナル・コンペティションが3日(木)、都内で開催され、徳島県出身の日本大学文理学部4年生・美馬寛子(みま・ひろこ)さんが日本代表の座を勝ち取った。

 今回の最終選考は“ファッション アイランド”をテーマに、10名のファイナリストが煌びやかな南国の楽園をイメージさせるショーを展開。昨年度のミス・ユニバース第1位である森も姿をみせ、見事なダンスパフォーマンスを披露した。

 美馬さんは「名前が呼ばれるまでは諦めていたのでビックリしました」と心境を語り、日本代表に選ばれた喜びを「就職活動中にスーツで駆けつけてくれた友達や、家族に伝えたい」とニッコリ。

 7月にベトナムで行われる世界大会に向けては「(知花)くららさんや理世さんに続けるよう頑張ります」と意気込みを語った。そして森から「すばらしい笑顔が素敵。自分を信じる力がある。絶対に世界大会で優勝できると思う!」と後押しされると「心強いです」と笑顔をみせた。

 また、審査員は2006年度世界大会2位の知花くらら、歌手の工藤静香、ファッションデザイザーのドン小西らが務めた。

■ヒット曲満載&好評配信中!!
工藤静香の着うた(R) / 着信メロディはこちら

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube