ハイビジョン時代、撮られることを意識する女性85%

■ランキング表はこちら

 地上デジタル放送が全国で開始され、11年のアナログテレビ放送の終了も目前にせまり、いよいよ本格化するハイビジョン時代。デジタルカメラやビデオカメラ、そして次世代ディスクレコーダーなど、撮るのも残すのも高画質・高精細になるということで、女性にとって気がかりなのは「お肌」。今まで以上にハッキリと映ってしまう、そんなハイビジョン時代における美しい肌のありかたについてのアンケート調査をハイビジョン肌委員会が発表。高画質のカメラなどで撮られることにドキッとした経験があるという女性が85%にのぼることがわかった。

 ハイビジョンの大画面でテレビや映画を観ている際に、出演している女優・タレントの「肌荒れ」を見つけてしまった経験があるという人が74.5%にのぼるなど、同性ということもあり「お肌」が気になってしまう女性は多いよう。さらに、85%の女性がデジタルカメラやビデオカメラなど、高画質メディアで撮られることにドキッとした経験があると答え、女優やタレントだけでなく、一般の女性も高画質・高精細な映りを意識していることがわかった。

 このようにハイビジョン時代においてより一層肌に気をつけなければと思っている女性が増える中、スキンケアの意識についてのアンケートでは、【肌を美しくするためには、日頃からの努力をコツコツ続けないといけないと思っている】という女性が最も多く、“美は1日にしてならず”ということのよう。とはいえ5位には【できれば最小限の努力でキレイになりたい】がランクインし、女性のホンネものぞいた。

 ちなみに、「肌がきれいだと思う有名人は?」という質問では、化粧品のCMをしているなど、そのきめ細やかで白く透き通る肌に憧れる女性も多い【小雪】がダントツの1位を獲得。去年オリコンで行った『美肌タレントランキング』でも1位に輝き、誰もが認める美肌タレントといえそう。2位は【菅野美穂】、3位に【藤原紀香】、【松嶋菜々子】がランクインするなど、女性もうっとりするほど美肌の有名人がズラリと並ぶ結果となった。

■調査概要
ハイビジョン肌委員会調べ
調査方法:インターネット調査
調査期間:2008年3月25日〜3月26日
調査対象者: 20代〜40代の女性200人








関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事