銀座3丁目にギンザ・グラッセがオープン

 東京・銀座3丁目、西銀座通り(外堀通り)沿いに新たな都市型商業施設「ギンザ・グラッセ」が4月23日(水)、グランドオープン。地上11階、地下1階に「ファッションアパレル」、「飲食」、「サービス」の14店舗が入る。各フロアを1〜2店舗で占有し、ゆったりとした空間で「銀座らしいお洒落で輝く時間」を提供する。

 1〜3階はイタリアのプレミアム・カジュアル・ブランド「DIESEL(ディーゼル)」の旗艦店。4階には「資生堂 サロン&スパ 銀座」が銀座初出店し、ヘアやメーキャップ、スキンケア、ブライダルメニューなどを取り揃える。

 飲食店は、ディナーの平均予算が3000円前後とリーズナブルな店から1万5000円超の高級店まで、幅広いラインナップ。地下1階の和風フランス料理店「仏蘭西料理 みつ和 GINZA」は、和と仏のコラボレーション料理の新業態が話題の店。「盛岡冷麺」というブランドを確立した、人気店「ぴょんぴょん舎 銀河(ウナ)」は銀座初出店となる。

 周辺は、昨年、「プランタン銀座」がリニューアルオープンし、また「マロニエゲート」、「有楽町イトシア」、さらに「銀座ベルビア館」が新規オープンするなど、商業施設の激戦区。同施設は、OLや母娘などのおしゃれな女性客を主なターゲットに、ホワイトニング専門サロンやパソコンスクールなども揃え、多様なニーズに応えることで集客を狙う。

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube