雪野智世アナが44歳で第一子となる男児を出産

■最新写真ニュースはこちら

 44歳での高齢出産に臨んでいたフリーアナウンサーの雪野智世が14日(水)、第一子となる男児を帝王切開で出産したことが明らかになった。所属事務所は15日(木)付けの雪野のブログを通じて「昨日、雪野智世が無事に出産しましたのでご報告致します。2960gの元気な男の子です」と報告。所属事務所も「皆様のコメントには雪野自身、大変励まされて来ました」と感謝を述べている。

 10日付のブログでは、帝王切開での出産を迎えるにあたって「確かに手術だから、必ずしも安全ではないんだろうけど。とにかく無事産まれるまではいろんな心配があります」と不安を吐露していた雪野だが、現在母子ともに健康な様子。

 今年の2月に妊娠6ヶ月であることを明かした雪野は、あわせて3歳下の会社経営者との結婚も発表。自身のブログ『43歳で赤ちゃんを授かった』では妊娠中の母体の状態を克明に綴り、高齢出産の代表として同じ境遇にある人たちから多くの共感を得ていた。

 雪野は86年にテレビ朝日に入社、深夜番組『トゥナイト』のアシスタントなどを務め人気を博した。95年にはフリーに転向し、テレビ、ラジオ、イベントの司会を務め、幅広い活躍をみせている。なお、復帰時期については所属事務所によると、本人の回復と子育ての様子をみながら、9月頃を予定しているとのこと。また今後、妊娠・出産・子育ての様子を綴ったエッセーを出版する予定だ。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube