叶姉妹が舌戦展開! 最後は“黒い”恭子に軍配

■その他の写真はこちら

 タレントの叶姉妹が4日(水)、都内で行われた映画『バグズ・ワールド』虫の日(6月4日)イベントにゲストとして登場。全てを食らい尽くすクロアリの女王と、たった一匹の雄アリと添い遂げるシロアリの女王の昆虫大戦争を描く同作にちなみ、クロアリをイメージした“黒”のドレスで登場した姉・恭子は「私は男性を食べたりしませんよ」と若干不満げな様子を見せた。一方、“白”を基調にした妹・美香は「全くもって姉と私のよう」とどこか誇らしげに語るなど、二人は互いを牽制し合う“姉妹大戦争”を展開。結果、最後には“黒”の恭子が自身の恋愛ネタで話題をかっさらう形となった。

 昆虫図鑑をまとめ買いするなど、昆虫が大好きと豪語する恭子は、餌を求めてさすらうサスライアリ(クロアリ)について「ホテルライフが好きだと思う、私もそうなんですけれど。目に止まった物を食べつくすというパワフルな生き方は似ているのかなと思います」と共感。美香は「オスと交尾してもそのオスを食べてしまうクロアリと違って、オオキノコシロアリ(シロアリ)はその人に決めたら生涯添い遂げるんです」と自らと照らし合わせ頬を赤らめた。さらに美香は「シロアリは蟻塚を作ってみんなを統制して、一匹のオスと添い遂げるのは共感できる」と強調するも、これを聞いた恭子がすかさず、「蟻塚は雨が降ると崩れますからね」と“口”撃する一幕もみられた。

 なお、この日の恭子は先日行われた『芸能人ゴルフチャンピオン決定戦』にも連れてきた、恋人と見られる外国人モデル・クラウスさんと共に報道陣の前に登場。手を繋ぐなどラブラブぶりを披露したが、「彼氏なの?」という質問には「とてもいい関係。その中の・・・それですね」と“恋多き女”の片鱗をうかがわせ、クロアリの性質同様に最後は自身の恋愛トークで“パワフル”にその場の話題をかっさらっていった。

 映画『バグズ・ワールド』は6月28日(土)より公開。

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube