友人の結婚式でも、自分が目立ちたい人が意外と多い!?

■ランキング表はこちら

 6月の結婚シーズンに、友人の結婚式で「余興」を披露する人もいるのでは? オリコンが「友達の結婚披露宴での余興は何をしますか」というアンケートを行ったところ、【カラオケで歌を歌う】が1位という結果に。寄せられた回答をみてみると「得意だから」というものが目立ち、友人の晴れの舞台でも、意外にも自分が目立ちたいと思っている人が多いのかもしれない!?

 1位【カラオケで歌を歌う】は、「得意だから」ということのほかに、「気持ちも伝えられるし、その場も盛り上がるから」(大阪府/10代/女性)と人気。また、定番のウェディングソングなどもあり「みんなで一緒に歌える」(大阪府/20代/女性)ことから、「会場に一体感が生まれる」(京都府/10代/男性)という効果もあるようだ。

 また、3位の【楽器の演奏】も「演奏が得意だから」(静岡県/30代/男性)という人が多く、なかには「一番自信があるから。盛り上げるなら自分の得意なもので勝負したい!」(東京都/10代/女性)と、気合のこもったコメントも寄せられた。「祝福のキモチを込めたピアノ演奏をプレゼントしてあげたいから」(千葉県/10代/女性)など、自分の得意分野で祝ってあげたいという気持ちがうかがえる。

 一方、人前で何かをするのが苦手という人から支持されているのが2位の【手紙を読む】。「ベタだけど、祝う気持ちを伝えるには手紙が一番いいと思う」(神奈川県/10代/女性)という声が集まり、「事前にしっかり準備ができるから」(兵庫県/30代/女性)など、あがり症の人などにはピッタリ。また、形に残るものということもポイントのようで、友達への祝福の気持ちをしっかり届けたいという人が多いようだ。

 そのほか男性から人気だったのが「漫才は自分の得意分野」(東京都/10代/男性)、「関西人なのでウケたい」(兵庫県/20代/男性)と【コント/漫才をする】や、「短くまとめて一番盛り上がるので」(岡山県/30代/男性)と【モノマネ/一発芸をする】。場を盛り上げたいという人が多く、人前に立つのが苦手な国民性とも言われがちな日本人だが、目立ちたいと思っている人も少なくないようだ。

(2008年5月9日〜5月13日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の10代、20代、30代、40代の未婚男性386人、未婚女性351人、合計737人にインターネット調査したもの)


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事