元“ワンギャル”で現在は人気ブランドのデザイナー・大塚良子が結婚報告

■その他の写真はこちら

 深夜バラエティ番組『ワンダフル』(TBS系)の“ワンギャル”として活躍していたタレント・大塚良子が、自身のブログで今年10月に結婚することを報告した。お相手の男性について「出会って4年になる本当に心が優しくて思いやりのある素敵な人」と明かしている。

 結婚の理由について大塚は「今まで色んな事がありましたが、どんな時もお互いの気持ちにきちんと向き合って前向きに進んできたのでとても良い信頼関係を築いてこれたし、この人となら何処ででも楽しい人生を過ごせると思えます」と綴った。また「結婚しても仕事は続けるし、赤ちゃんの予定も無いので生活に変わりは無さそうです」としている。なお、妊娠はしていない。

 大塚は第2期ワンギャルとして1998年10月から『ワンダフル』で人気を博し、その後、ドラマ『はるちゃん6』などに出演、2007年からは部屋着ブランド・「Reyes(レジェス)」のデザイナーを務める。このブランドは西山茉希など人気モデルを起用し、若い女性の間で注目を集めている。


関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事