美白肌VS日焼け肌、女子高生がこの夏目指すのは?


■主な回答一覧はこちら

 ここ最近、蒸し暑い天気が続くが、夏の足音はすぐそこまで迫ってきている。この季節になると、女性たちの会話で「この夏は美白に徹しよう」とか「いやいや、小麦色の肌がいい!」なんていう話しもそろそろ出てきそうだが、実際のところどちらが多いの? オリコンが、流行発信源ともいわれる女子高生を対象に『“美白肌”と“日焼け肌”、この夏目指すのは?』とのアンケート調査を行ったところ【美白肌】(88.3%)が約9割と、高い支持を集めた。

 過度の日焼けはメラニン色素の増加に繋がり、シミの原因になるといわれていることから「焼けると将来シミになると思うので、できるだけ避けたい」(青森県/18歳)、「やはり大人になってからシミが増えて困ると思うので」(神奈川県/17歳)と、将来を見据えた意見が大多数。そのほか、「美白肌ならどんな服でも合わせやすい」(東京都/17歳)との声や、「どの世代にもウケがいいと思うから」(宮城県/16歳)といった、女性らしさを考えた上でのコメントも。

 一方、【日焼け肌】を目指したいと回答したのは11.7%。美白肌に評判が集まるも「小麦色の方が健康そうだから」(東京都/17歳)、「そんなガンガン焼きはしないけど、自然な方がいいと思う」(東京都/18歳)というように、日に焼けた肌にしか出すことのできない魅力に人気の声が寄せられた。また、「美白肌は高校卒業後に目指したいので」(佐賀県/18歳)と、若い内にこそ、思いっきり焼いておこうと考えている人も少なくない。

 【美白肌】が約9割もの票を集めたことから、女子高生間での“美白ブーム”が伺える結果となった今回の調査。もちろん、どちらの肌がいいとは一概には言いきれないが、今年の夏も各所で、美白肌と日焼け肌の美しい艶やかな肌が輝きそうだ。

(6月6日〜6月10日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員で、現役女子高校生300人にインターネット調査したもの)


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


今月の写真ニュース一覧をみる



関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube