川崎フロンターレの我那覇和樹に双子が誕生

■その他の写真ニュースはこちら

 沖縄出身の"島人ストライカー"として知られる川崎フロンターレの我那覇和樹選手が、第2子、3子となる双子の男の子を授かり、28日(月)付のブログで兄を青泉(ジョイ)、弟を青星(ジョセ)と名づけたことを明かした。「沖縄の青い空・青い海のイメージとフロンターレカラーのブルー」を意識した名前だという。

 我那覇は、99年に川崎フロンターレに入団し、フォワードを務め、06年には日本代表に選出。同年9月のアジアカップ予選、イエメン戦では決勝点となるゴールを決めるなど活躍した。07年、無申請での静脈注射でドーピング規定に違反したとして、6試合の出場停止処分、チームには1000万円の罰金が課された。しかし、実際は点滴にビタミンを追加していただけで、今年5月27日、スポーツ仲裁裁判所 (CAS) は、Jリーグに対し、処分撤回を求める裁定を下した。

 我那覇は04年に長男の琉偉くんが誕生。双子が誕生して一気に3人の父親となり、「一卵性のツインズは日に日にそっくりになってきて、今はどっちがどっちかわからないほど!今までは琉偉が1号・2号と呼んでいたので、やっと名前で呼ばせてあげられます」と父親としての表情をのぞかせている。

今月の写真ニュース一覧をみる

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事