キャメロン・ディアス、汗とオナラを暴露したアシュトンを「すごくヤな奴」

■その他の写真ニュースはこちら

 最高のキャスティングとして話題のロマンチックコメディ『ベガスの恋に勝つルール』(8月16日公開)の来日記者会見が5日(火)、都内のホテルにて行われ、主演のキャメロン・ディアスアシュトン・カッチャーが出席。アシュトンがキャメロンについて「汗を気にしない、オナラをしたことを正直に話す」と素顔を暴露するとキャメロンは恥ずかしがる様子もなく、大声で笑いながら「皆さんもでしょ?」。しかし最後にはアシュトンを「本当はすごくヤな奴」と語り、会場の笑いを誘った。

 6年連続での訪日となったキャメロンは、新作でのプロモーション来日を毎回楽しみにしていることを語り、今回は母親を連れて東京観光を楽しんだことも明かした。「16歳のときにモデルとして3ヶ月滞在していた日本を母に見てもらいたかった。どうして私が日本を好きなのかわかってもらえてうれしい」と笑顔をみせた。

 一方、初めての来日となったアシュトンは「今回、日本の文化を理解することがひとつの目的です。アメリカでやっているものが日本でウケるか、日本人が何を求めているかを学んで、それを今後に活かしたい」と真摯に語った。

 しかし、撮影を通してのお互いの好きなところに話がおよぶと、アシュトンは「平気で汗をかくところと、オナラをしたことを正直に告白できるところ」と、日本でも大人気のハリウッド美人女優の素顔を暴露。これに対してキャメロンは恥ずかしがる様子もなく、大声で笑いながら「皆さんもそうでしょ?」。さらに、アシュトンの好きなところを「新しい髪形、ふたつの時間を表\\示する腕時計」とジョークで返して会場を盛り上げた。

 最後にアシュトンはキャメロンについて「自虐的なギャグがすごくうまい。それは謙虚な人だからなんだけど、そこが素晴らしい」と持ち上げ、キャメロンはアシュトンを「心の広い人。まわりの人を落ち着かせて、楽しませてくれる」。しかし、会見の終わり間際にキャメロンは「本当はすごくヤな奴だけど」とポツリ。映画の空気感に通じる、ふたりのコンビネーションの良さが垣間見える会見となった。




関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube