和田アキ子、500万相当のジュエリーを前に「私も輝いていきたい」

『プラチナ・ステーション・ジュエリー』のネックレスを身に付けた和田アキ子 

[拡大写真]

『プラチナ・ステーション・ジュエリー』のネックレスを身に付けた和田アキ子 
■その他の写真はこちら

 今年で芸能生活40周年を迎えた歌手の和田アキ子が1日(月)、都内で行われた『Platinum Station Jewellery(プラチナ・ステーション・ジュエリー)』のお披露目会に出席。誕生石のあしらわれ自分がプロデュースに関わった500万円相当のネックレスを贈られた和田は「光栄だし、嬉しい。私も輝いていきたい」と喜びを語った。

 今回のお披露目会は、長きに渡って輝き続けている人に“プラチナ・ステーション・ジュエリー”を贈呈するもので、今年芸能生活40周年を迎えた和田アキ子が選ばれた。自分の誕生石であるダイヤモンドをあしらって自身の人生を象徴した500万円相当のネックレスがこの日までに製作され和田に贈られた。プロデュースしたのは和田だが「まさかいただけるとは思っていなかったから、光栄だし、嬉しい。プラチナに負けないくらい、私も輝いていきたい」と喜び、「これから先40年、私は顔がしわしわになったりお腹がポッコリ出ても、声が出る限り真っ赤なマニキュアでブルースを歌っていきたい」と、まっすぐな決意を語った。

 なお、会見では急性薬物中毒で病院に搬送された俳優の柳楽優弥についてもコメント。「お会いしたことないから分からないけど、新聞を見てびっくりした。(自殺については)ブログかなんかで自分で否定してたし、まあ若いから大丈夫じゃない? それよりもなんで100錠の薬があるのかってのが問題。私は病院行っても2週間分しかもらえないのに」と、笑いを交えつつ感想を語った。

今月の写真ニュース一覧をみる

関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube