東京都がオリンピック招致へ新たな健康体操『TOKYO体操』を発表

石原慎太郎都知事 

[拡大写真]

石原慎太郎都知事 
■その他の写真はこちら

 石原慎太郎東京都知事が12日(金)、2013年の東京国体開催や2016年オリンピック・パラリンピック東京招致に向けて、スポーツムーブメントの創出を目指すための新しい健康体操プログラム『TOKYO体操』を発表した。石原都知事は「スポーツのキャンペーンの手立てとなれば」とスポーツの発展を願い、アイドルグループのAKB48と漫画家の蛭子能収とともに体操を実演披露した。

 低下傾向にある子供の体力、疲労蓄積やメタボリックといった働く世代の健康問題、高齢者の健康維持を改善するために開発されたという『TOKYO体操』。若年層をターゲットにしたダンス風エクササイズの「アクティブバージョン」と、座ったままできる幅広い層に対応した「シッティングバージョン」の2パターンが開発され、誰もが楽しくできる体操プランを新たに提案する。

 石原都知事は特に「シッティングバージョン」に注目し、「年配者でもできますし、エコノミー症候群にならずに座ったままできる」と太鼓判。イメージキャラクターを務めるアイドルグループのAKB48と漫画家の蛭子能収による実演も行われ、AKB48の大島麻衣は「同世代の人から準備体操として広まっていけばいいと思う。2016年、東京でオリンピックとパラリンピックができればと思う」と思いを馳せていた。

今月の写真ニュース一覧をみる

関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube