全身整形で若返った安達有里、50代から30代の身体に

グラビアアイドルのようなポーズを披露する安達有里 

[拡大写真]

グラビアアイドルのようなポーズを披露する安達有里 
 女優・安達祐実の実母でタレントの安達有里が24日(水)、都内で総額600万円をかけた“全身整形”姿のお披露目会見に出席した。豊胸手術の際には足の余分な肉を使うなどし「20代は無理だったが30代後半には見える!」と胸を張った安達だが、この日一部夕刊紙で報じられた熟女系AV出演には「私の所へオファーは来ていない。出演したら娘の事務所に怒られる」と消極的だった。

 執刀医と共に“改造報告”を行った安達は、手術の詳細を改めて聞いて「『こんなにしていたのか』という感じ。辛い思いをしないで細くなったし、また太ったら(整形を)ヤメられないかも」と仰天発言。後日発売される第2弾のヌード写真集には「前より大人になった雰囲気が出ている。でも、娘の夫(スピードワゴン・井戸田潤)にはネタにされるでしょうね」と笑い飛ばしていた。

 今後の活動として、来年2月に先行公開される映画『メビウス(仮)』で初の主役を演じることも発表され、女優業への本格進出も期待されているが「濡れ場については今後、監督らと相談します。私が好きな高橋克典さんが相手なら全てOKだけど、ラブコールは図々しくてできない」と乙女の顔を覗かせる一幕も。娘・安達祐実夫妻の“別居報道”には「(夫婦仲は)多分大丈夫。(井戸田の実家への出入り禁止令は)そんなことはない。でも、奥さんの実家ってそんなに居心地がいいものでもないでしょ?」と否定していた。

今月の写真ニュース一覧をみる

関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube