ひこにゃん、東京・池袋に初出陣

池袋でも大人気の「ひこにゃん」 

[拡大写真]

池袋でも大人気の「ひこにゃん」 
■その他の写真はこちら

 全国各地に広がるゆるキャラブームの頂点に立つ滋賀県彦根市の「ひこにゃん」が2日(木)、東京・池袋に初登場。平日の日中にもかかわらず、200人を超える「ひこにゃん」ファンが集まり、東京でも絶大な人気ぶりを見せ付けた。

 「ひこにゃん」は、メトロポリタンプラザにある全国伝統的工芸品センターで14日(火)まで開催中の第4回彦根仏壇特選会東京大見本市にあわせて、同市の代表的な地場産業である仏壇や「井伊直弼と開国150年祭」をPRするために上京。

 生ひこにゃんをひと目見ようと集まったファンが待ち受ける会場に「ひこにゃん」が登場すると、一斉にカメラのフラッシュが光り、「かわいい」の声が飛んだ。通行人も「ひこにゃん」に気付くと携帯電話のカメラで写真に収めていた。

 「ひこにゃん」は国宝・彦根城築城400年祭のマスコットキャラクターとして誕生し、グッズの購入額だけで17億円を売り上げて、全国的に“ゆるキャラブーム”を巻き起こした。彦根市では10月25日・26日に、日本中の着ぐるみキャラクターが一堂に会する「ゆるキャラまつり in 彦根〜キグるミさみっと」も行われる。




関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事