史上初、一般人とのコラボでハローキティを自由にカスタマイズ

おちまさとがプロデュース 

[拡大写真]

おちまさとがプロデュース 
■その他の写真はこちら

 人気キャラクターのハローキティをカスタマイズし、ファッションとして世に送り出すという新たな試み『クラッシュハローキティプロジェクト』が設立され10日(金)、プロデューサーのおちまさとが都内で記者発表会を行った。同プロジェクトの第1弾として史上初の試みとして、一般の方によるオリジナルデザインのキティを募ることが発表され、おちは「老若男女、自由に(デザインを)送ってほしい」と呼びかけた。

 今回のプロジェクトは「今までにないハローキティを、さまざまなブランドがカスタマイズさせ、ファッションと融合させる」ことを目的としている。おちは、プロジェクト設立のきっかけについて「キティちゃんは、日本だけじゃなく海外でもすごい人気。数年前から、キティちゃんをファッション的に注目していたので、プロジェクトとしてやってみようと思いました」と説明。さらに「ぬり絵感覚じゃなく、街着として着て歩けるような、オシャレという感覚を意識したデザインを送ってほしい」と話した。

 また、この日は自身デザインのキティも披露され、今年8月にタレントでモデルの河辺千恵子と入籍したおちは、報道陣からの「奥さんにも見せましたか?」との問いかけに、恥じらいながらも「見せました。『すごいかわいい』って言ってました」と笑顔を見せていた。

 なお、一般から募集したデザインは、サンリオのハローキティデザイナー・山口氏とおちが審査し、優秀作品は2009年春に商品化。マルイの店舗のほか、ショッピングサイト『マルイウェブチャンネル』でも販売される。応募期間は本日10日から11月20日(木)まで。さらに、ファッションブランドとの子ラボや著名人の参加による『ハローキティ』チャリティ企画などが行われるプロジェクト第2弾は、来春発表予定。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事