自分のスッピン顔を見るとドーパミンが放出 茂木健一郎氏ら発表

茂木健一郎氏らの研究によると、メイクをした自分の顔を見た時、脳は「他人を見る時」と似たような活動になるという。 

[拡大写真]

茂木健一郎氏らの研究によると、メイクをした自分の顔を見た時、脳は「他人を見る時」と似たような活動になるという。 
■その他の写真ニュースはこちら

 脳科学者の茂木健一郎氏とカネボウ化粧品基盤技術研究所・製品開発研究所は14日(火)、共同プロジェクト『化粧・美×脳科学』の研究成果第1弾を発表した。自分の顔を見た時の脳活動は、素顔とメイク顔で異なるほか、自分の素顔を見ると、快楽や喜びを感じた時に放出される神経伝達物質「ドーパミン」が放出されることがわかったという。

 同プロジェクトは2007年7月より開始。脳科学の分野から「美の本質」や「化粧の本質」を研究しているという。今回の研究は“素顔とメイクをした時の、自分の顔に対する認知活動の違い”を調べるもので、脳活動の変化を検証するため、fMRI(機能的磁気共鳴映像法)を用いて測定している。

 自分のメイク後の顔を見た時の脳反応については、素顔を見た時に反応しない右脳の紡錘状回(ぼうすいじょうかい)が活発に活動。この部位は“他人の顔を見た時に特徴的に活動する”といわれていることから、「脳は自分のメイク顔を客観的に捉えている」ことが新たに分かったという。

 また、自分の素顔を見ると“報酬を期待して働く”とされている部位、尾状核(びじょうかく)が活発化して脳内にドーパミンが放出されることも発見。素顔を見ることで “メイクをしてきれいになった自分”や“社会的に認められる自分”を想像し、期待感や意欲を湧き上がらせているという。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事