加藤ローサ、表参道で“おば・バカぶり”発揮

アニヴェセル表参道10周年記念イルミネーション点灯式に出席した加藤ローサ 

[拡大写真]

アニヴェセル表参道10周年記念イルミネーション点灯式に出席した加藤ローサ 
■その他の写真ニュースはこちら

 東京・アニヴェルセルの開店10周年記念イベント『アニヴェルセル表参道 10th Anniversary』が16日(木)に開催され、女優の加藤ローサが同イベントのひとつ『イルミネーション点灯式』に出席した。“記念日の館”としてさまざまなギフトを扱っている同店を見てまわったという加藤は「いとこの姉ちゃんに子供が生まれるのでベビーバケットを用意してたんですけど、可愛いものがあったから買い足そうかな」と早くも“おば・バカ”ぶりを発揮する一面も見られた。

 表参道のけやき並木に佇む“記念日の館”として、さまざまな記念日に合わせたギフトグッズやパーティスタイルのコーディネート、レストランなどを展開する同店。10周年記念イベントでは“よろこびは、祝福されると記念日になる”をテーマに、10周年限定商品やディナーなどが用意される。イベントのひとつであるイルミネーション点灯式に黒いシックなドレスで現れた加藤は、ステージに用意された3段のケーキを見て「いちごが可愛い」とニッコリ。加藤がろうそくを吹き消した瞬間に9000個の電球で飾られたエントランスの豪華イルミネーションが一斉に点灯し、道行く人が足を止めるほどその場を盛り上げた。

 同店にちなんで、記念日やイベントは好きかを聞かれた加藤は「友達とかと季節ごとにクリスマスやハロウィンなど、お家でパーティをするのでいつもプレゼントを用意してます」と話し、「いとこの姉ちゃんに子供が生まれるのでそれに向けてプレゼント用意してたんですけど、ここにはベビー用のフレームフォトとか可愛いものがたくさんあって……買い足そうかな」と、早くも“おば・バカ”ぶりを見せ、場を和ませていた 。

 同イベントでは、このほかにジャズバイオリニストの寺井尚子さんのコンサートや、シャガール『アニヴェルセル』油絵作品展示などが行われる。入り口に飾られたイルミネーションは、来年1月末までライトアップされる予定。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事