「007/慰めの報酬」ロイヤルプレミアレポート

英国王室のウイリアム王子(左)とヘンリー王子 

[拡大写真]

英国王室のウイリアム王子(左)とヘンリー王子 
 過去作のイメージから変革を遂げ、生まれ変わった007最新作『007/慰めの報酬』のワールドプレミアが現地時間10月29日(水)夕方、ロンドン市内のオデオン・レスター・スクエアで開かれ、英国王室のウィリアム、ヘンリー両王子が揃って臨席した。

 会場の外には3000人の観衆が、ジェームズ・ボンド=ダニエル・クレイグを一目見ようと詰め掛け、警備に当たった警察官200人、世界中から集まった報道陣は500人を数えた。

 ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグは永年のパートナーでありプロデューサーであるサツキ・ミッチェルを伴ってレッドカーペットに登場。観衆の歓声に出迎えられたが、両王子登場時には、それをしのぐ大歓声が沸き起こり、英国王室の人気のほどが伺われた。

 前作『007/カジノ・ロワイヤル』のプレミアではエリザベス女王が臨席したのに続き、今回もウィリアム、ヘンリー両王子が揃って臨席したロイヤル・プレミアとなった。英国軍に在籍している両王子の希望で、チャリティ試写となり、集益金は英国軍人、かつて軍務についていた人、及びその家族のために活動している団体に寄付される。

 このプレミアにも200人の退役軍人たちが招待されたほか、ゲストとして主題歌を歌っているジャック・ホワイト、トップモデルのエル・マクファーソンらも来場した。

 また、日本の報道陣に向かって、ダニエル・クレイグは「日本に行くよ」とコメント残し、来月の来日とジャパンプレミアへの期待を誘った。

 『007/慰めの報酬』は、2009年1月よりサロンパス ルーブル丸の内ほか全国ロードショー。 

関連写真

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事