真木よう子が劇場版アニメ『ピューと吹く!ジャガー』に出演

「セリフで『ジャガー』って呼べてすごく嬉しかった」とアフレコ体験を語る真木よう子 

[拡大写真]

「セリフで『ジャガー』って呼べてすごく嬉しかった」とアフレコ体験を語る真木よう子 
■その他の写真はこちら

 女優の真木よう子が、『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)で連載中の人気ギャグマンガ『ピューと吹く!ジャガー』(うすた京介原作)のアニメ映画で声優を務めることになり9日(日)、都内スタジオでアフレコを行った。原作の大ファンだという真木は、オファーが来た際に「絶対やりたいと思いました。セリフで『ジャガー』って呼べてすごく嬉しかった」と満面の笑みで喜びを語った。

 今回の映画は、フラッシュアニメ『秘密結社鷹の爪』でおなじみの「蛙男商会」(FROGMAN)が制作し、真木は劇中で映画オリジナルのキャラクター・王女役を演じる。今回で2度目の声優挑戦となる真木は「オリジナルじゃなくて、(原作に出てくる)キャラを演じるのだと思ってたけど、まぁいいかって」と淡々とした表情。報道陣から「原作で演じてみたいキャラクターは?」との問いかけには「ビューティ田村かな」と、個性派だらけの登場人物の中でも一際アクの強いキャラクターを挙げ、ニヤリと笑みを浮かべた。

 また、制作陣も「真木さんと一緒にお仕事が出来て、楽しませてもらいました」(うすた氏)、「シリアスな中で、ボケるところはボケる。イメージ通りに演じていただいて良かった」(FROGMAN)と、それぞれ真木の演技に満足な様子を見せていた。

 フラッシュアニメ映画『ピューと吹く!ジャガー〜いま、吹きにゆきます〜』は、2009年1月10日(土)より公開。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube