婚活から結婚式まで、140周年松屋銀座の福袋

今、話題の婚活をサポートする福袋が登場 

[拡大写真]

今、話題の婚活をサポートする福袋が登場 
■その他の写真ニュースはこちら

 松屋銀座(中央区)で4日(木)、新春初売りの福袋内覧会が開催された。2009年で創業140周年を迎えることを記念して、例年以上に豪華で縁起のよさそうな招福袋を企画。その中でも注目は、昨今の世相を反映した「婚活支援福袋」だ。

 今年の新語・流行語大賞(現代用語の基礎知識選)にもノミネートされた「婚活」。「適齢期」(死語?)の男女に、「女性たちよ、狩に出でよ。男性たちよ、自分を磨け。」と説いた『「婚活」時代』(ディスカヴァー携書)がベストセラーになり、もはや、結婚はある年齢に達したら、自然にできるもの・・・ではなくなった。

 そこで、2009年こそ本気で結婚を決めたいという女性のために、同店のアラサー男性社員(30歳前後)が中心になって作ったのが「婚活支援福袋」。その中身は、自分磨きのためのエステに、「男目線で選んだ」という勝負服、さらに縁結びの神様として人気の東京大神宮の絵馬までセットして、限定10袋、1万4,000円で販売する。

 「これだけ揃っていれば、素敵なお相手をゲットできること間違いなし」と担当の島田成一郎さん。勝負服については、「男性受けがいいのは、ワンピースで間違いない。ファーボレロは白で清純なイメージアップ。小さめのパーティバッグを持っていたらかわいいな。タイツやアクセサリーにも手を抜かない。第一印象で素敵だな、と男が思ってしまうのは、そういう女性かと・・・」と説明してくれた。

 一方、7階ギフトサロンでは、前出の東京大神宮で挙式、招待客60名で披露宴を行える、通常約200万円のウエディングプランが福袋で登場。「140周年記念 東京大神宮福袋」は140万円で販売する。

 このほかにも、プロゴルファーの石川遼を目指すジュニア用ゴルフセットの「目指せJr.ゴルファー福袋」2万5,000円や、俳優の谷原章介のようなイケメンになれるカジュアルファッションが入った「3つ星オトコ福袋」2万円などの企画福袋を多数用意。定番人気のファッション福袋、デパ地下福袋など、合計約3万個の福袋を販売する予定。初売りは1月2日9時30分から。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube