【OL白書vol.24】星座と血液型…どっちの占いを信じる?

■OLの“本音”コメント一覧


 働くOLたちにスポットをあて、その生態を探るオリコンの『今ドキ“OL”白書』。今回のテーマは<星座と血液型…どっちの占いを信じる?>。その結果、僅差で【星座占い】(52.2%)に軍配があがった。

 新しい年になって気になること、それは…今年の運勢! いろんな占いがあって迷うけど、素敵な1年になるよう願いを込めて、ここはやっぱり星座占いかな☆

 今回多数派となった【星座占い】派の意見をみると「血液型は4つしかないけど、星座は12通りの結果があるから」(大阪府/20代)と、“細分化”されていることにより「信憑性が高い気がする」(広島県/30代)という。また、「朝、テレビで見るのが星座占いだから」(東京都/20代)、「雑誌の最後にいつも載っているのを読んでいるので」(三重県/30代)と、星占いチェックが“習慣”になっている人も多い。

 一方、【血液型占い】派(47.8%)の意見の多くは「血液型占いのほうが『当たっている』と感じることが多いから」(20代/大阪府)というもの。また、「実際に血液型の本を購入して読んだら、ほぼ当たっていたから」(埼玉県/30代)など、昨年のオリコン年間“本”ランキングでも4作全てがTOP10にランクインした『血液型自分の説明書』シリーズの影響も大きいようだ。

 OLは【星座占い】をより信じていることがわかった今回の調査。昨年は“血液型”が世間を賑わせたが、今年は“星座”ブームが来る…かも!?

(2008年11月21日〜11月26日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代、30代の未婚社会人女性、各250人、合計500人にインターネット調査したもの)

◆ 【OL白書】バックナンバー一覧へ







関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事