星野真里、“博多織”の伝統工芸師からスカウト?

『博多はたおと』の試写会後に行われた会見に出席した星野真里 

[拡大写真]

『博多はたおと』の試写会後に行われた会見に出席した星野真里 
■その他の写真ニュースはこちら

 女優の星野真里が19日(月)、東京・NHKで行われた同局の地域ドラマ『博多はたおと』の試写会後の会見に出席した。収録で“博多織”の手織りにも挑戦した星野。番組プロデューサーが「(星野は)リズムを覚えるのが早くて指導していただいた先生が舌を巻いていた。『学校に欲しい』とおっしゃってました」と伝統工芸師にスカウト(!?)されかけたことを明かした。

 同作は2002年からスタートした地域の様々な問題や現実を取り入れて制作される地域ドラマの第6弾で、福岡・博多の伝統工芸"博多織"をテーマに、昔ながらの文化や伝統を残していくことへの難しさや価値を描いた。頑固な博多織の師匠役を演じた俳優の竜雷太は、実際も"頑固一徹な老人"になりつつあるようで「子供が新幹線で走ったりするのが嫌なので時々怒鳴ったりする。ジジイなのかな」と具体的なエピソードをあげ、笑いをさそった。

 物語のキーポイントとなる"博多織"の帯を締めて登場した星野は、自分で織った部分もあるのか聞かれ「残念ながら1ミリたりとも……」と思わず帯を隠す場面も。博多織の帯については「やっぱり締め心地が1番。"1度締めたら緩まない"のが特徴です」としっかり全国にPRしていた。

 福岡発ドラマスペシャル『博多はたおと』は2月11日(水)、NHK総合で朝8時35分から放送。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事