上戸彩がウェディングドレス初プロデュース、自身の“電撃”結婚は「ない」

自身がプロデュースしたウェディングドレスを披露した上戸彩 

[拡大写真]

自身がプロデュースしたウェディングドレスを披露した上戸彩 
■その他の写真ニュースはこちら

 女優の上戸彩が29日(木)、都内で行われた自身がプロデュースを手がけたドレスコレクション『U(ユー) AYA UETO DRESSES』の発表記者会見に出席した。「ミニのドレスをつくりたかった」と念願叶ったお気に入りのドレスを着て登場した上戸は、自身の結婚について「人を驚かせるのが好きじゃないので、地道にいきます」と“電撃結婚”の可能性を否定した。

 “スタイリッシュでエレガント”をコンセプトに、「あなたの・ニ人のためのドレス」といった上戸の想いが込められたドレスは10デザイン(ウェディングドレス×4、カラードレス×6)・14型(カラーバリエーション4含む)つくられた。上戸は「初体験だらけだったけど楽しくやらせてもらった」とドレスの出来上がりに大満足の様子。

 普段から交友があり、ドレスなどの“デザインナー”としても人気を集めるタレント・ベッキーについては「ライバルと思ったことないです。ベッキーは大先輩」と、よくメールや電話で相談している間柄であることを明かした。また、ベッキーより先に結婚したいかを聞かれると「そうですね」との返事。ただ“結婚”そのものについては「あまり夢を持たないようにしてる」と話し、「いつも助けてくれるスタッフなどみなさんの顔色を見ながら、『よし、今だ!』って時に結婚できれば」と“大人な回答”で場を和ませた。

 『U(ユー) AYA UETO DRESSES』は3月1日(日)より全国でレンタル開始。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube