鈴木亜美、「嬉し恥ずかし」ウェディングドレス姿を初披露

愛の劇場40周年記念番組『ラブレター』(TBS)の最終回で自身初のウエディングドレスを披露する鈴木亜美 

[拡大写真]

愛の劇場40周年記念番組『ラブレター』(TBS)の最終回で自身初のウエディングドレスを披露する鈴木亜美 
■その他の写真はこちら

 歌手の鈴木亜美が、現在出演中のTBS系・愛の劇場40周年記念番組『ラブレター』の最終回(20日放送)で、自身初となるウェディングドレス姿を披露する。鈴木は「初めて式場で着たウェディングドレスは、まるで初恋の時の気持ちにかえるような嬉し恥ずかしい気持ちでした」とその喜びを表現。「撮影とはいえ本当にドキドキしました」と“乙女心”ものぞかせた。

 美しい瀬戸内の島・小豆島を舞台とする同ドラマは、児童養護施設で育てられた耳の不自由な少女・美波が、里親や一生の友人、初恋の人と出会いながら成長していく15年間が描かれる。主人公・美波の大人時代を演じる鈴木は「表情やしぐさ、目の動きなど、細かいところに気をつけて演じている」と語っており、昼ドラマ初出演ながら奮闘している。


 鈴木亜美


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube