坂本九さんの長女・大島花子が男児出産「いつか一緒に食べ歩き」

■その他の写真ニュースはこちら

 日航ジャンボ機墜落事故で85年に他界した歌手の坂本九さんと女優の柏木由紀子の長女で歌手の大島花子が「2月17日に3278グラムの男の子を無事出産しました」と、25日(水)付の自身の公式ブログで発表した。同日、所属事務所もFAXで出産を報告し、今後は「様子をみながら積極的に歌を歌っていきたい」とした。

 ブログの内容では「子宮筋腫による合併症があり、帝王切開でのお産となりました」と難産だったことがうかがえるが「産声をきいたときは涙があふれてきました」と喜びを報告。「小さな命がこうしてつながっていくことの尊さを少しずつ実感しながら、一日一日母になっていこうと思います」と母親になる心境を綴った。

 今後について「こうして出産を経て、ますます家族の大切さが身にしみる日々です。いままでどおり、歌い手として、人間として、家族の絆、そして日々の輝きを伝えていけたら」。また自身の愛息について「助産師さんの間で「食欲がとりわけ旺盛な子」ということで有名になった我が息子。くいしんぼうの母としては誇らしい限り(笑)。いつか一緒に食べ歩きを出来る日を夢見る日々です」と将来の成長を心待ちにしているようだ。

 また柏木も所属事務所を通じてFAXで以下のコメントを発表した。
 「私もいよいよおばあちゃんになったことにまだ実感がわかないのですが、家族が増えたことに大きな喜びを感じています。どのように成長してゆくのか、本当に楽しみです。坂本九と私の間には、娘が二人でした。坂本九も男の子をほしがっていたので、初孫に喜んでいることと思います」


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube