再“婚活”中の石田純一、恋の決着は「8〜9月頃」

「スイート・スイーツ ジャパン2009」ホワイトデーSPトークショーに出席した石田純一 

[拡大写真]

「スイート・スイーツ ジャパン2009」ホワイトデーSPトークショーに出席した石田純一 
■その他の写真ニュースはこちら

 先月行われたBS番組の試写会イベントで今年夏頃の再婚を示唆していた俳優の石田純一が14日(日)、東京・文京区の東京ドームシティ内で開催されたアジア初のパティシエ世界選手権『世界パティスリー2009』にスペシャルサポーターとして出席。イベント後、昨年から話題になっている片思いの本命女性との将来について「8〜9月頃には皆さんにお話しできると思う」と含みを持たせた。

 昨年の同大会発表会で、日本選手優勝の願掛けとして大会当日に赤い靴下を履くと宣言していた石田はこの日、公の場では20年ぶりとなるカカオ色の靴下をチラ見せ。ホワイトデーということもあり、会場に訪れた150人にチョコを手渡した際、若いカップルには「仲良くね〜。喧嘩してもいいけどね」と独自のアドバイスをするなど1人1人に手厚い握手で応え、ファンをメロメロにさせた。

 イベント会場が同大会と併催中のスイーツの祭典『スイート・スイーツ ジャパン2009』だったことから、報道陣の質問は石田の“スイーツな恋愛”に集中。お相手について「20歳以上年が離れてる。分からないけど一般人です」と一般人か“一般人風”かで食い下がる報道陣をはぐらかしつつ「まさにスイーツのような女性。夜明けのように美しい」と比喩。しかし恋の桜は「まだ2分咲き。こっちに関心がないみたい」と切ない片思いであることを明かし「もうそろそろ(春が来てほしい)。スイーツな関係になりたいです」など“石田節”で場を和ませていた。

 パティシエ世界選手権『世界パティスリー2009』は世界8か国のトップパティシエがデザートとスイーツの味と技を競う国際3大大会の最終決戦で、3人1組の各国代表選手は“エコロジー”をテーマに10種類の作品を2日間、計13時間かけて制作。「芸術点」「味覚点」「作業点」の3点から審査される。『世界パティスリー2009』はJCBホール、『スイート・スイーツ ジャパン2009』は東京ドームシティ「プリズムホール」で15日(日)まで開催。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube