「全身人工物」高須クリニック院長に、山本モナ絶句

映画『イエスマン』特別試写会イベントに登場した山本モナ 

[拡大写真]

映画『イエスマン』特別試写会イベントに登場した山本モナ 
■その他の写真はこちら

 タレントの山本モナが16日(月)、都内で開催された映画『イエスマン “YES”は人生のパスワード』の特別試写会にゲスト出演し、美容整形で知られる高須クリニックの高須克弥院長とともに舞台あいさつを行った。米俳優ジム・キャリー演じる同作の主人公とは違って「“NO”と言えないタイプ」と話した山本だったが、高須院長が「全身人工物です」と自己紹介したときばかりは「何て答えたらいいのか…」と言葉を詰まらせた。

 同作は、仕事でもプライベートでも「ノー」と答える極めて後ろ向きな男が、あらゆることに「YES」と答えることを約束させられたことから人生が激変。次々に降りかかるトラブルを蹴散らしながら、ひたすらポジティブに生きる喜悲劇を描く。

 山本は「やりたくないこと、自分に向いていないと思っていたことでも、ノーとは言えず、消極的にやってみますと言ってしまうタイプ」と自己分析した上で「今日はポジティブになれるように春らしいカラーの服を着てきました」。その左手の薬指には、恋人から贈られた指輪がキラリと輝いていた。

 舞台あいさつ後の会見でも、報道陣からのどんな質問にも「ノー」とは言わず、律儀に答えていた山本。恋人との結婚について「プロポーズされたら、イエスと答えたい」と答えるも、整形したい部位について問われると、しばらく考えてから「豊胸ですかね」。それを聞いた高須院長は「今のあなたの胸が好きな男性がいるなら、直さないほうがいい」と諭されると「本当に豊胸手術がしたいわけでは…」と慌てて否定していた。

 同映画は、3月20日(金・祝)より新宿ピカデリーほか全国公開。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube