日本初の“黒い羽ナプキン”発売〜オセロ・松嶋がプロデュース

4月に発売される『ウィスパー black』パッケージ(上から)羽付き、羽なし 

[拡大写真]

4月に発売される『ウィスパー black』パッケージ(上から)羽付き、羽なし 
■その他の写真ニュースはこちら

 P&Gは17日(火)、同社が展開している生理用ナプキンブランド『ウィスパー』より、羽とバックシートが黒いナプキン『ウィスパー black』を発表した。バラエティ番組『きらきらアフロ』(テレビ大阪系)とのコラボレーション商品で、同番組のMCを務めるタレントの松嶋尚美(オセロ)がプロデュース。同社によると、生理用ナプキンに“黒色の羽”が用いられるのは日本で初めてだという。

 同商品は、番組内で「生理のときは濃い色の下着をつけることが多いから、黒い羽のナプキンが欲しい」という松嶋の発案で企画。昨年6月に発売した星柄や迷彩柄の第1弾商品開発時にも「黒いショーツをはいても目立たない黒いナプキンを作ること」が目的だったが、ナプキンは医薬部外品の指定を受けている衛生用品であることから、黒色素材の製品を作るには数々の課題が多く、製品化を断念。その後、黒色開発や申請など、商品化まで2年の歳月を費やし、今回の発売に至った。

 同社の調べによると、生理時に濃い色の下着をはく女性は多いという。しかし、濃い色の下着に白色ナプキンの羽や縁があると目立ってしまうため、多くの女性は羽を隠す“2重構造”の下着を着用したり、下着の上からスパッツをはくなどの工夫をしている。今回商品は濃い色の下着に合わせても目立ちにくいため、更衣室など人前での着替え時でも周囲の目を気にせずに使用できる。バックシートも黒いため「丸めて捨てるときに経血の色が目立たず不快な気持ちを減らせる」(同社)点もポイントになっている。

 『ウィスパー black』は羽根付き(26枚入り)と羽根なし(30枚入り)の2種類で4月25日より全国発売。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube