大沢たかおが語る青春“ラジオ”時代「めっちゃファンレター書きました」

TOKYOFMの人気長寿番組『JET STREAM』で新機長を務める大沢たかお 

[拡大写真]

TOKYOFMの人気長寿番組『JET STREAM』で新機長を務める大沢たかお 
■その他の写真ニュースはこちら

 俳優・大沢たかおがTOKYO FM(80.0)の長寿番組『JET STREAM』のメインナビゲーターとして、今月1日より新“機長”を務めている。ラジオ番組初のレギュラー出演となった大沢は、ORICON STYLEのインタビューで「僕はラジオの世代の人だから」とラジオへの愛着を語り、さらにリスナー時代の思い出を尋ねられると『ミスDJリクエストパレード』をあげ、「めっちゃファンレター書きました(笑)」と照れ笑いを浮かべつつ青春時代を懐かしんだ。

 映画『世界の中心で愛をさけぶ』、『地下鉄(メトロ)に乗って』など俳優として様々な代表作を持つ大沢だが、音楽への造詣も深く、そのルーツはラジオにあったと明かす。「(ラジオから)受けた影響は計り知れない」と、当時のリスナー時代を振り返り「今のように、店員さんがレビューをCDに付けたり、視聴コーナーが設置された大型CDショップも無い時代。ラジオを聞いて、友達と“アメリカでこんなバンドがデビューしたよ”なんて話をして、レコードショップへ行く。そこで1枚のレコードを買って、友達の家で聴く・・・懐かしいな」と、学生時代の思い出に目を細める。

 大沢が“機長”ことメインナビゲーターを務める番組『JET STREAM』は、音楽と情感あふれるナレーションで聴覚の海外旅行を楽しむ音楽番組。迫り来るジェット機サウンドのオープニングも有名。初回放送から42年という長い歴史を持ち、大沢が生まれた時には既にスタートしていた同局の最長・長寿番組である。その新“機長”に無事着任した大沢は「手渡された資料の膨大さに、その歴史を感じました」と述べ、「(ラジオでは)機長だから、顔は見えないですけど、一緒に旅をしたい。僕が先導して街を案内するのではなく、一緒に見て感じて、肩を並べて街を歩きたい。そういうのをやってみたいし、そうできたらいいな」と、今後のビジョンを明かした。

   大沢がナビゲートする同番組は月曜〜金曜の午前0時00分〜0時55分、TOKYO FM他JFN38局ネットで放送中。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事