長山洋子が米国人実業家と“ど・アラフォー婚”

長山洋子 

[拡大写真]

長山洋子 
■その他の写真ニュースはこちら

 歌手の長山洋子が、6日(月)付の自身のブログで、アメリカ人で人材派遣会社社長のマーク・スミスさんと同日付で入籍したことを発表した。長山は「まだまだ未熟者ですが、今後ともご支援、ご鞭撻の程、どうぞ宜しくお願い致します」と感謝の言葉を明かしている。

 2人の出会いは、2006年に放送したバラエティ『世界バリバリ★バリュー』(TBS系)で、女性芸能人が独身社長を直撃するコーナーでの共演がきっかけで交際に発展。約3年間の交際期間を経て、この度の入籍に至った。長山はブログで「アイドル歌手として16歳でデビューして、無我夢中で歌い続け、演歌に転身して16年。ふと気がつけば、ぼちぼち女としての幸せを考える、まさに「ど・アラフォー」に立っていました」と、自身の“歩み”を振り返り、「縁あって、本日Mark Smithさんと入籍致しました」と綴っている。

 入籍後も演歌歌手として、今後も精力的に活動を続けていくという長山は「歌謡界で骨を埋める覚悟で歌ってきた歌手・長山洋子の夢ひとつ、その気持ちに変わりはありません。歌に支えられ、人に支えられてきた私の人生。とくにファンの皆様には一生・感謝していきます。大好きな歌です。歌い続けます」と決意を新たにしている。


関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube