【OL白書 vol.36】得意料理は和食or洋食? 母の味を受け継ぐ“和食”も劣らず人気

■OLの“本音”コメント一覧



 お花見シーズン真っ只中の今週末、お弁当を片手に桜の下で集う人も多いのでは? そこで今回のオリコン『今ドキ“OL”白書』では<得意(勝負)料理は和食or洋食>と題し、OLたちの手料理事情をリサーチ。総合では【洋食】派が57.0%とやや優勢だが、年代別で見ると30代の【洋食】派は52.8%で【和食】とほぼイーブン。「和食は母に教えてもらったから」(岡山県/30代)と、家庭の味を受け継ぐ和食派も決して少なくないようだ。

 今回の注目点は「実際、みんな何作れるの?」(右表『得意料理TOP10』参照)かな。豪勢なメニューより「お味噌汁」「卵焼き」「スープ」など、親近感たっぷりな答えに一安心。やはり料理は食べてもらえる相手がいてこそ! とりあえず“美味いじゃん”と言って欲しいです。褒められて伸びる子ですからっ!

 「パパッと出来るのは洋食」(和歌山県/20代)と、調理の手早さを挙げるOLが多かった【洋食】派。「昔肉じゃがを作って、薄味にしすぎて味がしないと言われた」(和歌山県/30代)など、苦手意識から和食は敬遠されがちな様子だが、「彼が喜んでくれるのは洋食なので」(大阪府/20代)とラブラブな声も。

 そして「和食はヘルシー」(兵庫県/30代)の示すとおり健康志向が顕われた【和食】派だが、「つゆで煮込めばなんでもおいしい」(東京都/20代)、「簡単だから」(栃木県/20代)と、意外にも手軽さが高ポイント。さらに「自分も彼も好きだから必然的に」(岐阜県/30代)と、こちらも乙女な意見がちらほら。

 今回のアンケートでは「料理はできない」(山形県/20代)という意見もあり、最近はお料理上手な“弁当男子”も話題。「彼の胃袋をつかむ」という時代ではないのかもしれないが、勝負料理が1品あれば、ここ一番で“有効”に使えるかも!?

(2009年2月5日〜2月10日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代、30代の未婚社会人女性、各250人、合計500人にインターネット調査したもの)

◆ 【OL白書】バックナンバー一覧へ






関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube