『愛と青春の宝塚〜』が映画館のスクリーンで復活

(左から)貴城けい、湖月わたる、紫吹淳、彩輝なお 

[拡大写真]

(左から)貴城けい、湖月わたる、紫吹淳、彩輝なお 
■その他の写真ニュースはこちら

 08年12月に行われた東京・新宿コマ劇場最終公演を飾ったミュージカル『愛と青春の宝塚 恋よりも生命よりも』が、デジタルシネマとして生まれ変わり、7月4日から東京・銀座丸の内TOEI2ほか全国の映画館で上映されることが決まった。

 紫吹淳、湖月わたる、彩輝なお、貴城けいら元宝塚男役トップスターたちが勢ぞろいし、舞台に夢をかけたタカラジェンヌたちの愛と青春の物語を描いた同作。昨年、全国21都道府県で上演され、約12万人を動員した人気ミュージカルは、52年の歴史ある新宿コマ劇場の最終公演にも抜擢された。

 映画は、昨年に惜しまれつつ閉館した新宿コマ劇場の空間、出演者たちの表情や繊細な演技のクローズアップなど、最大6台のカメラでさまざまな角度から撮影された映像によって、舞台とはまた違った形で楽しめる作品に仕上がっている。同作はダブルキャストの公演だったため、映画館上映も2パターン用意される予定。

 また、今回の映画館上映決定について紫吹は「新宿コマ劇場、最後の舞台に立たせて頂いた私自身の感動と、皆様に笑いと感動を与えた作品を映画館でもう一度楽しんで頂きたいと思います」。湖月は「二度と観られないステージがスクリーンに帰ってくる。生の舞台を観て下さった方はタカラジェンヌの熱い想いをもう一度、観ていない方はこの機会にぜひ!!」とコメントを寄せている。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube