【OL白書 vol.37】新社会人の言葉遣いが「気になる」7割

■OLの“本音”コメント一覧


 OLたちの本音に迫るオリコン『今ドキ“OL”白書』第37回目となる今回は、4月の入社式を終え、新社会人を迎えたOLたちにズバリ聞きました<新入社員の態度で気になるのは「言葉遣い」or「身だしなみ」>。調査の結果、世の先輩OLが“気になっている”のは「ため口」という意見が多く【言葉遣い】が7割を占めた。「学生言葉が抜けていない」(東京都/20代)と辛口な声もあり、新社会人には厳しい結果といえそう。

 新人の頃を振り返れば、当時は緊張して、敬語も何だかオカシナ日本語だったし、電話を取るのも嫌でした。一番冷や汗をかいたのは、同期が電話の取り次ぎで先方の社名を聞き間違え「USA(ユー・エス・エー)からお電話です」と内線も使わず離れた席の先輩に声を掛け、「えっ! 合衆国から!?」とフロア中が大爆笑したこと。ままま、今となっては良い思い出です。

 「言葉遣いはその人のモラルや生き方が滲み出る」(兵庫県/30代)というOLが圧倒的に多かった【言葉遣い】派。「話す時は敬語なのに、メールになるとタメ口なのが腹が立つ」(宮城県/30代)と怒りの声も。「自分を名前で呼んだり・・・」(大阪府/30代)、「お客様にタメ語を使われては困ります」(山形県/20代)など、新人OLに困惑している様子も。また「正しい敬語を自分も勉強しないと」(東京都/20代)という“人のふり見て”なんとやら。気持ちを引き締める意見も見られた。

 一方、【身だしなみ】派は「第一印象は言葉よりも姿からだと思う」(千葉県/20代)、「言葉遣いは徐々に覚えていける」(東京都/30代)など、出来ることから取り組んで欲しいと願うOLが多かった。「派手なネイルやアクセサリーは気になる」(千葉県/20代)、「制服をちゃんと着ない」(東京都/20代)など、若さゆえの“おしゃれ心”にヤキモキしているようだ。

 新入社員の態度に眉をひそめたり怒ってみたりと、イラッとしているOLたちの姿が目に浮かぶ今回のアンケート。しかし、それを指導するのも先輩OLのお仕事の1つ! 注意をする側だって、振り返れば顔を赤らめて忘れたいと思う大失態があるはずです。そんな事も頭の隅に置きながら“可愛い”新人育成をお願いします。

(2009年4月9日〜4月14日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリ サーチ】会員の、20代、30代の未婚社会人女性、各250人、合計500人にインターネット調査したもの)

◆ 【OL白書】バックナンバー一覧へ







関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事