「次のステップは出産」 神田うの、初の妊婦役に未来の自分重ねる

映画『BABY BABY BABY!』の舞台挨拶に登壇した神田うの 

[拡大写真]

映画『BABY BABY BABY!』の舞台挨拶に登壇した神田うの 
■その他の写真ニュースはこちら

 女優の観月ありさ、神田うのらが16日(木)、都内で出産をテーマにしたコメディ映画『BABY BABY BABY!』の完成披露舞台あいさつに出席した。一昨年結婚し、舞台あいさつ前に行った会見で「次のステップは出産」と掲げた神田は、同作で培った“出産経験”に「未来の自分に会えた気がした。将来役立つと思う」とまだ見ぬ自身の妊婦姿に思いを馳せた。

 ドラマ『ナースのお仕事』(フジテレビ系)のキャスト・スタッフが再集結した布陣に、神田は「お芝居自体が何年かぶりで妊婦役も初めて。将来役立つと思う」と感謝しきり。同作で「いずれ通過するだろう出産を経験して、勇気と希望をいただいた」と、撮影を満足気に振り返った。

 また、サプライズゲストとして少子化対策、男女共同参画の内閣府特命担当大臣の小渕優子衆議院議員も登壇した。半年後に第2子出産を控える身重ながらも「本来持つ赤ちゃん誕生の素晴らしさや子供を持つ喜びが詰まった作品です」と語り“公務”を全う。観月は小渕議員に対し「無事元気なお子さんを産んでください」とエールを贈った。

 なお、舞台あいさつには松下由樹、谷原章介、伊藤かずえ、野波麻帆、山本ひかる、斉藤由貴、両沢和幸監督も出席。10代カップルの妊娠、不妊治療中の夫婦、ベテラン妊婦、訳ありモデルといった様々な妊婦たちの事情に向き合った映画『BABY BABY BABY!』は5月23日(土)公開。


関連写真

関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube