女優・安藤希が第1子の女児を出産「何があっても守る」

安藤希 

[拡大写真]

安藤希 
■その他の写真ニュースはこちら

 情報バラエティ番組『おはスタ』(テレビ東京系)の“おはガール”として活躍し、映画『富江 最終章 〜禁断の果実〜』の富江役などで知られる女優の安藤希が23日午後2時14分、第1子の女児を出産した。翌24日付の自身の公式ブログでは「これから何があっても守っていかなくてはという感情に自然となります。幸せです」と出産報告で喜びを綴った。

 安藤は出会ってから3ヶ月の“スピード婚”で08年2月14日に一般人男性と結婚。出産時間が2時14分だったことから「運命を感じます」としており、26日付のブログでは「一緒に産まれたての赤ちゃんを見ることが出来たことは本当に良かった」と出産には夫が立会ったという。また「授乳しながら自分のお腹にこの子がいたんだと思うとなんだかいまだに不思議に思ったりしてしまいます」と母親になった実感に喜びもひとしお。

 安藤は、ファッション雑誌『ニコラ』のモデルや、『おはスタ』のおはガールを務め、99年には『ガメラ3 邪神覚醒』で女優デビュー。その後、映画『さくや妖怪伝』『富江 最終章 〜禁断の果実〜』『自殺マニュアル2』などで主演を務めた。近年では映画『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』(06年)、『岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 中華街のロミオとジュリエット』(07年)、『ボディ・ジャック』(08年)などに出演している。


関連リンク

タグ
シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事