里田まい、純白の花嫁姿で“笑いの殿堂”初舞台

NGK初舞台で花嫁姿を披露した里田まい 

[拡大写真]

NGK初舞台で花嫁姿を披露した里田まい 
■その他の写真はこちら

 タレント・里田まいが、14日放送の大阪・ABCテレビ『爆笑!ふれあいコメディ こちらかきくけ公園前』(後0:00※一部地域を除く)で、“笑いの殿堂”NGK(大阪・なんばグランド花月)に純白の花嫁姿で初出演することが、このほどわかった。舞台では、吉本新喜劇の座長・小籔千豊が過去に恋心を抱いた女性として出演。演技だけでなく、“お得意”の四文字熟語でおバカキャラを炸裂させる。

 里田は、過去に医大受験の浪人人生が引き金になり、一時期暴走族に入っていたという異色の経歴を持った街医者の院長(小藪)、その同級生の警官(陣内智則)、弁当屋の店主(藤井隆)らが住む街で行われた『6月の花嫁コンテスト』の優勝者として登場。また、暴走族役には“吉本男前ランキング”の上位に名を連ねるライセンス(井本貴史、藤原一裕)の2人もゲストとして出演する。

 収録当日の午後から別の会場でリハーサルを経て、夜には本番という強行スケジュールだった里田。いつものように笑顔で演じ切ったものの、お笑いという“アウェー”な場所への出演に「めっちゃ緊張しまくりました!」と苦笑い。また、彼女のウェディングドレス姿に負けず劣らずの(!?)小藪による歓喜のダチョウダンスにも注目が集まる。




 藤井隆里田まい with 藤岡藤巻


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube